ISIDがダイダンと開発 IoT活用スマートビル制御 制御系と情報系統合

電通国際情報サービス(ISID)は、ビル施工分野に知見を持つダイダンと共同で、IoTを活用したスマートビル制御システムの実証実験を、5月17日から7月末まで実施している。ダイダンの技術研究所(埼玉県入間郡)ショールームに同システムを実装し、来館者にとって最適な室温や明るさ等の制御を行い、システムの有用性と課題を検証する。

同実験において施設内のセンサーから取得した温度・照度等の環境情報や、施設利用者の位置情報等をクラウドに集約し、インダストリー4.0の推奨通信規格とされるOPC UAを用いてPLCと連携することで、ビルの照明・空調を最適化する制御システムのプロトタイプを開発。センサー類、ゲートウェイ装置、PLCの間の通信は全て無線化に対応している。

今回の実験では、被験者が実験用のアプリを実装したスマートフォンに「寒い」「暗い」などと話しかけることにより、利用者の位置を特定して、該当エリアの空調・照明をコントロール。屋内測位には同社が開発したIoTインフラ「SynapSensor(シナプセンサー)」を、クラウド上でのデータ集約・管理やモバイルアプリの構築には同社が提供するBaaSサービス「FACERE(ファケレ)」を活用している。

同社は、将来的にはビル全体の人員配置を感知して自動制御を行ったり、AIを活用して、熱源のコントロールを含めたエネルギーの最適化を図ったりすることも可能と考えている。またセンサー、クラウド、PLCを連携した仕組みの適用領域は幅広く、例えば工場の可視化、サプライチェーンとの連携やERPとの統合などへの応用が可能であるとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG