新愛知電機製作所 薄型両電源バイパス付電源切替開閉器 「WFTS」 分電盤にも収納可能

2017年5月17日

新愛知電機製作所は、盤製品と機器製品の製造販売からアフターサービスに至るまでを手がける。

JECA FAIR(小間番号2-012)では、災害時など停電が発生した際に商用電源から非常用電源へ自動的に切り替える電源切替開閉器を展示する。その中でも製品コンクールに出品する薄型両電源バイパス付電源切替開閉器「WFTS」は、点検時に停電を不要とする電源切替開閉器で、従来のバイパス付電源切替開閉器と比べ、バイパス機構部を前面に移動させ主回路接続を正面から行うことで省スペース化を実現、奥行き350ミリメートルの分電盤に収納可能である。

さらにバイパススイッチを両電源側に設けた事により、どちらの電源を使用している時でも負荷を停電させる事なく開閉器本体の保守・点検作業を可能にした。また機械的・電気的インターロックを搭載、バイパススイッチと電源切替開閉器の誤操作を防止、安全面にも配慮している。

その他、世界最小クラスの電源切替開閉器CMAC(シーマック)シリーズなど、産業用から家庭用までの製品を展示。

http://www.aichidnk.com/