オムロン 制御盤 共通コンセプト第3弾 端子台など4カテゴリー発売

2017年4月12日

オムロンは、制御盤の共通の設計コンセプトに基づいた制御機器の第3弾として、端子台やI/Oリレーターミナル、漏液検出器、スイッチング・パワーサプライなど4カテゴリー36型式を、4月3日から世界一斉に発売した。 プッシュインPlas端子台を採用した形XW5Tシリーズ端子台では、5.2ミリと6.2ミリ幅で、分岐配線タイプと2段タイプを追加し、省スペース化と配線工数の削減を実現。 また、形G70VシリーズI/Oリレーターミナルでは、渡り配線が可能なタイプをそろえて、従来に比べ25%の配線工数削減を図っている。 形K7Lシリーズ漏液検出器では、自己診断機能とプラスコモン出力タイプを発売し、設備の故障や停…