トレンドマイクロ IoTセキュリティ 工場向けも注力へ

トレンドマイクロは、2017年の法人向け事業戦略を発表し、工場/ホーム/自動車向けIoTセキュリティソリューションを注力分野のひとつとして挙げた。

工場向けでは、工作機械や産業用ロボットを提供するメーカーに対して、ネットワーク型脅威対策製品「Deep Discovery Inspector」、ロックダウン型ウイルス対策ソフト「Trend Micro Safe Lock」、「Trend Micro IoT Security」を提供し、セキュリティを組み込んだ製品を展開する。また、PLC、EWS、FAユニットなどを用いて産業用システムを構築する制御系システムインテグレーターと協業し、ネットワークセキュリティ製品「TippingPoint」、総合サーバセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」などのセキュリティソリューションを提供する。

ホーム向けには、ホームネットワークセキュリティ製品に加え、通信事業者との協力による高セキュリティのインターネットサービス、ネットワーク機器ベンダーへのセキュリティ技術をOEM提供など。自動車向けでは、ソフトウェア開発キットを含むIoT機器向けセキュリティソリューションを、自動車・車載機器メーカーに提供し、自動車のリスク検知とシステム保護を実現する。

このほか注力分野として、防御アプローチXGen(エックスジェン)に基づいたセキュリティソリューションの提供、セキュリティの運用・監視サービスを提供するマネージドセキュリティサービスパートナーとの連携強化を進める。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る