因幡電機産業 チョコ停ウォッチャー(第二世代) スマート工場向けソリューション展示

因幡電機産業・産業システム事業部は、第43回ジャンボびっくり見本市にて製造現場のスマート化に寄与する製品、ソリューション展示を行う。

注目は好評のチョコ停ウォッチャー第二世代(参考出展)。チョコ停ウォッチャーはチョコ停が発生した瞬間に外部機器から信号入力を受け、その“前後”最大15分間の動画をタイムスタンプと共に保存できる。第二世代は、特長である「イベント録画」や「自動録画開始」などの機能はそのままに、さらに小型化を実現。要望の多かったネットワークにも対応し、録画データのEtherNet経由でのPC取り込みを実現する。さらに、専用ソフト無しでブラウザから簡単に映像確認ができる。

また、注目を集める協働ロボット「ユニバーサルロボット」の実機展示のほか、IP機器を自在にリモート接続できる産業用ルーターを用いたソリューション「Secomea」も展示。インターネット経由で遠隔地の装置と通信ができるソリューションで、専用回線やVPN契約が不要であるにもかかわらず、セキュリティが担保された通信を実現する。

ブースでは、エプソン製スマートグラスと、「Secomea」を組み合わせ、作業者が見ている状況を遠隔地で確認するデモも披露される。

https://www.inaba.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG