日東工業 感震ブレーカー 奈良県五條市に町並み保全で設置

日東工業は、日本建築家協会近畿支部奈良地域会の「伝統的町並み保全と防災」についての取り組みに賛同、伝統的建造物群保存地区である奈良県五條市の五條新町通りに感震ブレーカーを設置した。

東日本大震災における火災原因の66%は電気関係の出火と言われており、大地震発生後の電気復旧時に発生する復電(通電)火災を防ぐ有効手段として、近年、感震ブレーカーが注目されている。

電気火災発生を防止するためには、地域・自治体・メーカーが連携した“面”の取り組みが不可欠で、内閣府の首都圏直下地震対策検討ワーキンググループは、木造住宅密集市街地での感震ブレーカー普及率を25%以上に引き上げる目標を提言している。

今回、日東工業では、こうした動向に対応するため、五條新町通りの9カ所に地震時の電気火災対策として、感震リレー付きホーム分電盤、感震リレー「MG4」を設置した。

同通りは、約400年前の1608年、城造りや町づくりに秀でた松倉重政が城下町として建設した町並みで、歴史と共に発展したさまざまな建築様式が残され、国内でも有数の歴史的景観となっている。

同社は、感震ブレーカーの普及を通し、古い木造建築の歴史的町並みを保全・継承し、地域社会の安全な暮らしをサポートする取り組みを今後も進めていく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG