IT見本市「CeBIT」 日本から118社・団体出展 「ジャパン・パビリオン」設置

2017年2月22日

3月20日からドイツ・ハノーバーで開催される世界最大級のIT関連見本市「CeBIT(セビット)2017」のジャパン・パビリオンの概要を紹介する記者会見が2月15日開かれた。  CeBITは、情報通信技術の総合展示会として毎年開催されており、今年も20日から5日間、70カ国・地域から3300社が出展し、約20万人の来場が見込まれている。  今回はパートナーカントリーとして日本が選ばれていることから、日本貿易振興機構(JETORO)は7200平方メートルの「ジャパン・パビリオン」を設け、118社・団体が日本の魅力を世界に発信する。  インフラ、工場などの製造業から、生活・暮らし、働き方などの幅広い…