端子台特集 「配線作業性」「接続信頼性」進む

2017年2月22日

端子台の市場が好調な推移を見せている。半導体製造装置、工作機械、ロボット、自動車周辺、インフラなど、端子台を取り巻く環境は総じて不安な要素が少ない。今後、インフラ関連の投資が加速することが予想され、需要はさらに拡大が予想される。製品は小型・薄型に加え、配線作業性、接続信頼性などを重視した開発が進められ、とりわけ配線作業の省力化を目指した取り組みが目立つ。為替が比較的安定していることから、国内外での設備投資の増大が見込まれ、しばらくは堅調な拡大が継続しそうだ。 自然エネルギー需要は継続 「DC高耐圧化」向上 IoT化が追い風、投資拡大へ 蓄電池市場の伸び期待 国内の端子台市場規模は、ソケットや端…