ジャパンユニックス 卓上はんだ付ロボット UNIX-DFシリーズ はんだ付工程の「見える化」

2017年1月18日

ジャパンユニックスは、はんだ付工程の「見える化」をテーマに出展し、はんだ付のリアルタイムな数値化・分かりやすい見える化を提案する。 卓上はんだ付ロボット「UNIX-DFシリーズ」はネットワーク機能を強化。モニタリングソフトで工程時の数値データをグラフ化し、工程の監視・トレーサビリティ管理が可能。抽出したあらゆる数値をリアルタイムでモニタ表示し、ヒータ温度やはんだ送り量、こて先の位置補正値、こて/生産カウンタ・サイクルタイムなどの実績数値を生産管理や計画的な保守作業に活用できるようになっている。 レーザはんだ付システムは、はんだ付箇所の温度をリアルタイムで測定しながら非接触はんだ付が可能。より安…