インフォアジャパン「クラウドで本質価値提供」新造宗三郎 代表取締役社長

2017年1月18日

2016年はクラウドに舵を切り、実績が上がってきたことを実感した年だった。セキュリティの担保はもちろん、クラウドにより顧客の業態にあわせながら拡張性と柔軟性を持たせることができている。特にクラウドERPにおいては、バージョンアップも当社が責任を持って行えるため、現場に近いほどカスタマイズが必要になってくるという問題も解決ができている。 17年はさらにクラウドの浸透を図る。その中でもSCP(サプライチェーンプランニング)とEAM(エンタープライズアセットマネジメント)のクラウド版に注力していきたい。特に設備資産管理を提供するEAMは、予防保全などにも活用でき、エネルギー消費削減にも貢献する。Io…