図研「攻めのIT投資で本領」 早乙女幸一 オートモーティブ&マシナリー事業部長

2017年1月18日

厳しい経済環境を勝ち残って今ある企業は規模の大小を問わず経営視点での意識改革が進んできた。 IT投資は会社の事業戦略のシナリオの中で判断・実行される動きが強まり、当社の電気制御設計CAD「E3シリーズ」も、大手装置メーカーの設計部門だけでなく生産技術・工機部門からの問い合わせが増えている。ソフトウェアという「道具」を使い、モノづくりに携わる一人一人がより付加価値が高い業務に注力しなければグローバル競争に勝てないという強い思いが浸透してきたようだ。E3は業界ごとの課題を標準化して受注から生産までをスピーディにつなげるためのプラットフォームだ。上位システムとの親和性も高く、PLM、回路設計、電気設…