IDEC コントロールユニット 使いやすくリニューアル コンタクトブロック統一

IDECは、主力製品であるパネルカットφ30ミリコントロールユニット「Nシリーズ/TWTシリーズ」をリニューアルし、本体樹脂製の「TWNシリーズ」および亜鉛ダイキャスト製の「TWNDシリーズ」を2017年1月5日から国内出荷を開始する。海外向けは同年9月を予定。

新製品は、「操作部」および「コンタクトブロック」を新規に開発し、スイッチ完成品で従来比最大47.5ミリ・約33%の短胴化を実現。また押しボタンスイッチ(モメンタリ/オルタネイト)・照光押しボタンスイッチ(モメンタリ/オルタネイト)・セレクタスイッチの奥行き寸法を統一し、配線作業性/使いやすさを大幅に改善している。
押しボタンの操作部は、取り付けリングなど現行デザインを大きく変更しないでボタン色は同社パネルカットφ22・φ25ミリと同じ明るいブライト系色を採用。視認性の向上により誤操作防止に貢献し、制御盤や機械のデザインを大きく変える必要もない。
また、新規設計した「HW-U形ユニバーサルコンタクトブロック」を採用。同社独自の端子構造で、ねじのばねアップによるねじ脱落防止と配線工数の低減、端子カバー一体構造によるフィンガーセーフなどを実現。従来機種同様の2方向配線や、ワンタッチ取り付けとマイナスドライバーによる取り外しを可能にしている。さらに、φ22・φ25コントロールユニットのコンタクトブロックもHW-Uコンタクトに統一する。
産業分野のスイッチ・ランプは同社の主力製品でもあり、高いシェアを持つ。今回のリニューアルによりユーザーの安全性・利便性向上のほか、統一による管理工数の削減にも貢献していきたいとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG