東洋炭素 カーボン活用で生産性向上提案

2016年11月16日

東洋炭素は、同社のカーボン素材技術を活用した熱処理用C/Cコンポジット製品の開発を進め、製造業向けに用途開拓を進めている。 C/Cコンポジットとは、炭素繊維強化炭素複合材料のことで、軽量かつ高温強度が鉄の10倍で熱変形しないなどの特徴を持つ。さらに同社はSiCコーティング被覆を施した製品も開発。一般のC/Cコンポジット製品と比べ、高温領域(1200℃以上)での酸化消耗率が1/100以下になるなどの特徴を持つため、断熱材・耐熱材などの航空宇宙材料としての利用も期待されている。 一般工業用途でも特徴を生かした製品を提供しており、ベーストレー、ローラーハース、網状トレー、バスケット、波型トレー、スプ…