ロックウェル・オートメーション IoTを実現する機械装置向け統合化制御機器

工場見える化の課題紹介

 

ロックウェル・オートメーションは、110年以上の歴史と世界80カ国以上でサポートする制御機器のグローバル大手メーカー。
IoTビジネスカンファレンスでは、「工場見える化の課題と、“FactoryTalk VantagePoint”を使った導入事例」をテーマに、同レポートツールの特徴と見える化導入事例を紹介する。
同社はソリューションとしてコネクテッドエンタープライズ(IoT)を提供。セキュアなネットワークで制御と情報を統合し、生産性と国際競争力を飛躍的に向上させることができる。
さらに、幅広く機器・ソリューションを提供。例えば統合モーション(PLC&サーボドライブ)は、共通のCPU・プログラミングツール・ネットワーク環境で、PLCとモーションを統合化し、開発・メンテナンス工数を大幅に短縮。統合安全では、EtherNet/IP Saf、センサ)は、海外規格対応の制御機器や、RFID方式の安全機器、IP69K対応防水機器など、幅広い品ぞろえを誇る。分散型制御システムは、次世代型ICSSによる革新的なプラント制御システムの統合化を実現。世界の産業ニーズに応える高性能なモータ・コントロール・センタ(MCC)も提供している。
http://www.rockwellautomation.com/ja_JP/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG