マスプロ電工 RFIDシートアンテナ トレーサビリティ管理で活躍

2016年9月28日

マスプロ電工はアンテナ技術を活用し、RFID関連製品のラインアップを強化している。食品業界では高いレベルでの原料管理、製品管理が求められており、高い信頼性のRFIDアンテナとして評価が高まっている。 食品工場では、トレーサビリティの強化、工程ごとの製品ロケーション管理など、以前にも増して工程情報の読み書きをする頻度が増え、RFIDはそれら情報管理のツールとして重要度を増している。特に安定した読み書きのためにはアンテナは重要な機器として認識されている。 同社のRFIDシートアンテナは1.8ミリとアンテナの存在を感じさせない薄さを実現。高い管理レベルが求められる食品・医薬品・化粧品業界でも注目を集…