アドバンテック オートメーションコントローラ「APAX-5000シリーズ」IoT化実現のプラットフォーム

アドバンテックは、オートメーションコントローラ「APAX-5000シリーズ」を開発。産業オートメーション・アプリケーション向けはもちろん、工場のIoT化実現の強力な制御プラットフォームとして注目を浴びており、食品、飲料、薬学、機械制御、精度の高い環境システムのようなバッチプロセスの生産環境で適用することができる。

さらに「Intel Core i7」搭載のCPUをラインアップ。DINレール取り付けが可能で、アナログモジュールやI/Oモジュール、PROFINETなどの産業用オープンネットワーク対応通信カプラや、RS-232/422/485対応モジュールなど多数のモジュールをCPUと組み合わせて、あたかもPLCのごとくシステム構成ができる。

ファンレスをはじめとし、堅牢/高信頼に徹底的にこだわり、ディスクには振動に強いmSATAを採用。CODESYSを搭載し、国際標準規格である「IEC61131-3」ソフトロジック制御に対応。PCベースであることから、同社が提供するウェブベースのHMI/SCADAソフトウエアWebAccessも利用できる。VS、NET開発環境での開発ができ各種ライブラリも同社が提供するため、開発工数の削減にも寄与する。

http://www.advantech.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG