シーメンス、パナソニック 電子機器組立工場で協業 ライン統合とオートメーション

2016年5月11日

独・シーメンス社とパナソニックは、製造プロセスのライン統合とオートメーションで協業することに合意した。協業の中心となるのは、ライン統合コンセプトの標準化。個別の製造ラインだけでなく、工場全体のすべての製造プロセスを網羅し、は世界中に分散する製造拠点にも共通するオートメーションの規格を対象とする。 シーメンスのアントン・S・フーバー事業本部CEOは「電子機器製造においてデジタル化がもたらす可能性は限りなく大きい。統合オートメーションソリューションの活用は、生産性・品質の大幅な向上について、道を開く。パナソニックとの連携は当社のデジタルエンタープライズの製品群を進化させる素晴らしい機会となる」と話…