トヨタ「EtherCAT」全面採用 高速・省配線を高く評価 工場のIoT化推進

2016年5月11日

トヨタ自動車は、産業用イーサネットの標準として「EtherCAT(イーサキャット)」を全面的に採用することを決定した。4月25日から29日までドイツで行われていた、ハノーバー・メッセのETG(EtherCAT Technology Group)プレスカンファレンスで、同社の大倉守彦先進技術開発カンパニー工程改善部長が明らかにした。採用を決めた理由として、その高速性とEteherCAT Pによる省配線を挙げている。 大倉氏は「トヨタが今後、新たに稼働させていく新工場にてEtherCATを最大限に活用する。EtherCATはオープンな技術であることに加え、高速で同期性能が高く、省配線の特長を持って…