人と現場を強くする日本流のIoT FOAコンセプト 情報短冊で組織感度高める

2016年4月27日

smart-FOA(東京都千代田区、奥雅春社長)が提唱する「FOA」は、現場で起きている事象を、現場の言葉で分かりやすく一つの情報(情報短冊)にまとめ、企業全体へ素早く共有する仕組み。クラウドやビッグデータなどIT主導で進む従来のIoTとも相性のよいアプローチで、製造現場や人の情報感度を高める形で最適化する。シスコシステムズがそのコンセプトを高く評価し、同社に出資するなど、今注目を集めている。 ■回転ずしのように現場情報が流れてくるFOA FOA(Flow Oriented Approach)は、奥社長が、長年の製造現場で培ったマネジメント・ノウハウをもとに作り上げた現場情報システム構築コンセ…