オプテックス シーシーエスを子会社化へ 画像センサLED照明 ソリューション強化

オプテックスは子会社化を目指し、シーシーエスの普通株式を公開買い付け(TOB)する。公開買い付け成立後もシーシーエスの上場を維持する方針。公開買い付け価格は1株あたり1400円、買い付け予定数の上限は361万1000株(所有割合66・65%)。買取額は最大約50億円、買付期間は5月25日まで。

また、7日付でオプテックスの子会社であるオプテックス・エフエーとシーシーエスは業務提携契約を締結した。

オプテックスグループは自動ドア用センサ、防犯用センサならびにFA用センサの事業分野を主たる柱としている。特に今回シーシーエスと業務提携を行うオプテックス・エフエーは、FA業界向け機器を主力としており、光電センサ、変位センサ、画像センサおよび画像処理用LED照明を中心に事業展開を行っている。

一方、シーシーエスは、主力とする画像処理用LED照明機器で25.6%(富士経済調べ)とトップシェアを有しており、自然光LEDなどのデバイスに対する知見と技術も持ち合わせている。中国、台湾、シンガポール、タイ、アメリカ、ベルギーなど海外にも多くの拠点を持つ。

両社は一部事業領域が重複するものの、提携により画像処理用のカメラとLED照明の最適な組み合わせでの提案など、ソリューション体制が構築できると見込まれ、最大の効果を追及するため、今後販売・開発などの面で連携を強化していく方針。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG