Check !!

日立製作所ら3社 産業用PCを冗長化 製造向けソリューション提供 導入期間・コストを削減

日立製作所と日立産業制御ソリューションズ、日本ストラタステクノロジー(東京都千代田区、三村俊行代表取締役社長)は、製造分野向けに、日立の産業用コンピュータ「HF-W7500モデル40」と、米・ストラタステクノロジーのフォールト・トレラント(耐障害性)ソフトウエア「Stratus everRun Enterprise」を組み合わせたソリューションの提供を開始した。

本ソリューションは、「HF-W7500モデル40」に障害が発生した場合も、「Stratus everRun Enterprise」により、仮想マシンが自動的・継続的な処理を行い、一般的なクラスタシステムの利用に比べ、設備・システムのダウンタイムを低減、導入期間・コスト削減ができる。

日立と日立産業制御の産業用コンピュータ「HF-W7500モデル40」は、24時間連続運転と10年の長期使用を想定した高い信頼性を有する「HF-Wシリーズ」のハイエンドモデルで、最長12年間の保守サービスを提供。複数国の安全規格に準拠し、複数言語ユーザインタフェースに対応、工場やプラントなど向けに豊富な納入実績がある。

ストラタステクノロジーの「Stratus everRun Enterprise」は、既存のアプリケーションの修正や複雑なインストールが不要で、2台1組のシステム上に仮想環境を構成し、データとメモリを常に同期化・冗長化を図るソフトウエアで、金融業、製造業、流通業、医療などのICTシステムで世界的に広く普及している。

今回提供を開始するソリューションは、両製品の特長を生かし、重要機器である産業用コンピュータの高い可用性を可能にし、高い信頼性をシンプルに実現できる。

物理的に2台の「HF-W7500モデル40」を冗長化して論理的に1台化でき、既存のアプリケーションをそのまま使用可能、仮想マシン上のOS(ゲストOS)やアプリケーションのインストールは1回のみになり、シンプルな運用ができる。

「Stratus everRun Enterprise」上には最大24の仮想マシンが構築可能、複数の業務システムの統合も容易に実現する。

今後、本ソリューションを、国内および日系企業が進出する海外の工場・プラントなどの製造分野に向けて、販売・ソリューションパートナーを通して積極的な拡販を目指すとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG