エヌエー ステップ式フロートスイッチ(レベルセンサ)で生産性向上に寄与

浜松市に本社をおく磁気応用センサのエヌエーは、近接スイッチ、フロートスイッチ・レベルセンサ、無人搬送車用センサなどを通じ、製造現場の生産性向上に貢献、自動車業界をはじめとした製造現場のスマート化にも寄与している。最近では、耐熱レベルセンサ(電流出力タイプ)など耐環境性能を強化、過酷な環境下でも安心して使える製品ラインアップを増やしている。

例えば冷却水、洗浄液、各種オイルなどの液面を測るレベルセンサ(電流出力タイプ)では5ミリピッチでの水位検出が可能な製品を開発。液体のオーバーフローやなくなり検出の用途で活用されている。従来のレベルセンサでは複数の水位での信号発信が必要な場合、物理的に複数台を設置したり、何度も取り付けや検出位置の設定をし直したりする必要があったが、本製品を使用すると設定はそのままで、検出したい水位が自由に設定できる。センサ購入コストの削減はもちろん、工数削減、設定ミスの防止、適切な設定による安全性・品質の向上を実現する。また、「耐熱&洗えるフロートスイッチ」はリード線まで含めて耐熱200℃と設計時に使用雰囲気を気にせず使え、エンジニアの設計工数削減や現場の安定稼働に寄与し評価が高い。さらに「耐衝撃フロートスイッチ」をラインアップに加え、製造現場の安定稼働に寄与している。

http://www.na-web.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る