パナソニックシステムネットワークス ドローン検知システム 300メートルから飛来確認

2016年3月30日

パナソニックシステムネットワークス(東京都中央区、片倉達夫社長)は、新開発の32チャンネル集音アレイマイクと、IP対応の全方位カメラとを組み合わせることで、約300メートル先から飛来するドローンを確認できる「ドローン検知システム」を開発した。 同システムは、32個の無指向性マイクを円形に配置したマイクアレイ構成の集音マイクで、ドローン特有のローター回転音や風切音などを検知できる。 32個のマイクへの入力音信号が特定方向に対して位相がそろう条件で信号加算を行い、ドローンの飛行音があれば信号強度が上昇することで、約300メートル先のドローン飛来音を検知できる。 昼夜に対応した旋回・チルト、ズーム機…