Check !!

チノー 園芸施設環境観測器「プラントモニターMH1000」を発売 操作部なしで簡単運用

チノーは、農業ハウスなど農作物の生育環境を監視・記録できる園芸施設環境観測器「プラントモニターMH1000」を2月18日から発売した。

同製品は園芸施設内における生育管理に必要な気温、湿度、CO2濃度、日射量の4要素を計測、記録が可能。また、所定温度の空気にどれだけの水蒸気を含むことができる余地があるかを示す指標である飽差や積算日射量といった栽培環境の指標として重要になる値をリアルタイムで算出し、生育環境を管理することで、農産物の生産性向上をサポートする。

スマートフォンやタブレット端末などでこのプラントモニターにアクセスすれば、パソコンやクラウドサービスを利用することなく、リアルタイムで収集した情報を閲覧することが可能となり、ネットワーク環境に関連するランニングコストもかからない。さらに、電源を投入するだけで収録開始され、本体に操作部がないため誤操作の心配がなく、IT機器になじみの薄い人でも、簡単に導入・運用ができ、生育環境を管理することができる。

対象ユーザーは、農家、農業生産法人、企業などの園芸施設で作物を栽培する農産物生産者、農業系の研究機関や教育機関などで、年間1億円の売り上げを目指すとしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG