大和無線電機 「『地頭力』 新たな取り組み」 堀内覚代表取締役社長

2015年12月期業績は、連結売り上げで前年度比ほぼ横ばいであったが、営業利益は約20%増と計画通りで終わった。収益性の高い市場へ販売をシフトしたことが奏功し、また、昨年4月から東京・秋葉原地区で実施している共同配送で物流費が下がったことも大きい。同時に、同業者との在庫持ち合いで在庫回転率を上げられたことが利益増加に貢献した。

今期は売り上げ5%増、営業利益20%増の計画でスタートしている。

今年は「地頭力」をテーマに、多様なソリューションで多面的にお応えしていきたいと思う。商品と市場をパズル的な発想で組み合わせ、今ある仕入れ先、販売先という資産を生かしながら提案していく。これへの対応を早いレスポンスで行うことで販売競争に勝てることにもなる。社内も各社員が多能工化することで、部門間を越えた仕事の分担が可能になり、限られた人数と時間のなかで処理することができるようになる。

日本の良さを海外の人の方が気づいていることが多いだけに、今こそ悲観的な見方を捨てた取り組みが重要だと考えている。商社はお客さまの状況に合わせた提案ができる立場にあることを再度認識し、秋葉原にある同業者というバックヤードを生かしながら、メード・イン・ジャパンというバックボーンの強みに加え、フェースツーフェースを組み合わせながら新たな展開を図っていきたい。

当社が注力しているLED照明用のコネクタなどは、ビルのリニューアル化でまだまだ市場拡大が見込め、また4K・8Kといった高解像度の画像技術周辺には日本にしかない独自の高い技術・装置も多く、これからの市場として期待できる。国内にはまだまだ掘り起こしを待っている市場が残っていることに自信を持って取り組んでいきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG