安川電機 入出力電圧電流正弦波ドライブのマトリクスコンバータを世界で初めて開発

2015年9月1日

安川電機は、入力電圧電流に加え、出力電圧電流も正弦波でのドライブを可能にした「入出力電圧電流正弦波ドライブ」のマトリクスコンバータを世界で初めて開発した。今後2年以内の商品化を目指す。 マトリクスコンバータは、電圧形PWMインバータの交流―直流―交流変換とは異なり、交流―交流の直接変換を行うため変換ロスが少なくでき、しかも電力回生エネルギーの有効活用と電流制御による電源高調波抑制効果も見込める。 従来、入力電圧のみ正弦波ドライブであったが、今回SiCを用いたパワー半導体をメーカーと共同で開発し、同社が培ってきたマトリクスコンバータドライブシステムの回路や構造技術、新開発の入出力フィルタや出力電…