三菱電機 汎用シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」に一般制御に安全制御を一つのCPUユニットに統合したモデルを発売

2015年8月5日

三菱電機は、汎用シーケンサ(プログラマブルコントローラ)「MELSEC iQ-Rシリーズ」に、国際安全規格に適合し、一般制御と安全制御を一つのCPUユニットに統合した「安全CPU」4機種と「安全機能付きI/Oユニット」2機種を7月31日から発売した。標準価格は、安全CPUが52万円~105万円、安全機能付きⅠ/Oユニットが6万5000円と15万円。2015年度1万台の販売を計画。 新製品は、従来は別々であった一般制御プログラムと安全制御プログラムを一つのCPUユニットで実行できるようにしたもの。TCOの削減に加え、同社のエンジニアリングソフトウェア「GX Works3」を使って、一般制御と安全…