日立産機システム インバータ「NE-S1シリーズ」 操作性と経済性を両立、業界最小クラスで高信頼

日立産機システムのインバータ「NE-S1シリーズ」は、シンプルな操作性と経済性を追求したエコノミータイプの製品。業界最小クラスの寸法、高い信頼性などで現場の評価が高い。

ラインアップも幅広く、一般産業用、高周波用、正弦波コンバータなど用途に応じた選定ができる。

操作性も追求し、運転・停止・リセットの操作を一つのボタンに集約。徹底的なシンプル化を図るとともに、オプションで専用オペレータも用意し、幅広い操作方法のニーズに対応。

また、本体サイズも従来機種(X200/0.2kW)に対して、容積比で43%ダウンと大幅な小型化を実現すると同時に、左右方向の密着取り付けができるため、スペースの有効活用が図れる。さらに、運転中に常時最少の電力消費となるように制御する自動省エネ機能など、従来からの機能を継承しており、PM(永久磁石モータ)駆動機能対応品も注文品で対応している。

そのほかCE、UL、c-UL、c-Tickなどの海外規格や、シンク/ソース論理に標準で対応しており、グローバル市場でも使用できる。ネットワークはRS-485(Modbus-RTU)通信ポートを標準搭載。オプションで専用トップカバーを用意し、さらなる放熱効率向上が可能、ディレーティング特性の改善、コンデンサ寿命の改善(約2倍)などが見込める。
公式サイト>>> http://www.hitachi-ies.co.jp/products/inv/nes1/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG