B&Rインダストリアルオートメーション OPC UAとI4.0をサポート OPC UAのリアルタイム性実現を計画中

2015年7月1日

B&Rインダストリアルオートメーションは、OPCファウンデーションのリアルタイムWGをサポートし、「Industrie 4.0」に向けたオープン・コミュニケーションを展開している。このWGでは、OPC UA通信規格にリアルタイム性を持たせることで、OPC UAに「出版―購読型モデル」と「TSN向けのIEEE802.1規格」の二つの重要な機能が加わる。出版―購読型モデルは、1対多、多対多通信の機能を追加し、大規模分散システムでの通信速度のはっきりとした違いをもたらす。また、TSN規格の利用は、リアルタイム性を持たせたことで、フィールドレベルの通信やモーション・コントロール・タスクを、POWERLINKなどの大幅に速いイーサネット規格にスムーズに移行させることが可能。

OPC UAはすでに、生産システムのIT関連分野で中心的な役割を果たしているが、これにより大幅にアプリケーションが広がる。さらにオープンスタンダードのPOWERLINKとopenSAFETYと合わせることで、センサレベルまで一貫したイーサネット通信とセーフティのトータル・パッケージを作ることができる。

公式サイト>>> http://www.br-automation.com/ja/