東京センサ バンパースイッチ「SC-100」 セミカスタムオーダーで短納期を実現

東京センサのバンパースイッチ「SC-100」は、AGVや輸送・搬送装置などに取り付けて接触や衝突を検知するスイッチ。高いクッション性を持ち、万が一の衝突の際にも人・対象物への衝撃を最小限に抑えることができる。

最大の特徴は、セミカスタムで注文でき、短納期で手元に届くこと。一般的にバンパースイッチを注文する場合、サイズやボルトの数と取り付け位置などを打ち合わせしてから個別に図面を作成。それから部材を取り寄せて組み立てている。

SC-100は高さと奥行きのサイズを標準化し、取り付け用ボルトも位置を自在に変えられるレール式を採用。注文は必要な長さを指定するだけでOK。ボルトの位置は製品への取り付け時に位置を合わせればよく、使い勝手の良さも大きく改善。発注から9日で出荷でき短納期化を実現。サイズは高さ100ミリ×奥行き100ミリは固定。長さは600ミリから2400ミリまで選択可能。色は黒の単色、黄の単色、黒-黄色-黒、黄色-黒-黄色の4パターン。

公式サイト>>> http://www.t-sensor.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG