三菱電機 4kWタイプのファイバーレーザー加工機「ML3015eX-F40」発売 加工時間短縮と操作性の向上

三菱電機_「ML3015eX―F40」【名古屋】電力価格の高騰によりファイバーレーザー加工機の需要が高まるなか、三菱電機は、加工時間の短縮、省エネ、操作性向上を実現した4kW出力のファイバー二次元レーザー加工機「ML3015eX-F40」を発売。さらに、今年度中に7機種を追加し、計10機種に拡充。拡販に力を入れる方針を明らかにした。

同製品は、中厚板、厚板に最適化した制御・加工技術により、板厚25ミリまでの軟鋼切断で、炭酸ガスレーザー加工機と同等の切断面粗さとテーパーを実現。板厚3ミリのステンレス材の加工でも、独自の高速レーザー切断技術により加工時間の短縮を可能にした。

また発振効率に優れたファイバーレーザー発振器と、高効率サーボモーター・サーボアンプ、インバーター制御冷却装置などを採用し、従来機に比べて消費電力を約60%削減した。

移動方式は光走査方式で、ストロークはX3100×Y1565×Z150ミリ。早送り速度は最大で毎分140メートル。最大加工板厚は軟鋼25ミリ、ステンレス20ミリ。標準価格は1億5700万円(税抜き)。生産台数は年間100台。

三菱電機_「ML3015eX―F40」の加工風景k2014年度のファイバーレーザー加工機の販売台数は約60台。今年度中に6kW級4機種など、出力・ワークサイズ別に7機種を15年度中に追加発売し、15年度に約150台、16年度には約200台まで拡大する計画。

さらに、販売台数のうちファイバーレーザー加工機の比率を14年度の10%から、16年度には30%まで増やす。

氷見徳昭・FAシステム事業本部産業メカトロニクス事業部長によると「これまで炭酸ガスレーザー加工機が主力で、ファイバーレーザー加工機の機種が不足していた。名古屋製作所の生産ラインを増強しファイバーレーザー加工機の生産体制も整えた」としている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG