篠原電機 盤用LED照明「CLEDシリーズ」 まぶしさ抑え作業性向上

篠原電機は、JECA FAIRで、盤用LED照明「CLEDシリーズ」などを紹介する。

中継端子台を金具と一体化して配線の省力化が図れる「端子台型」、ドアスイッチと電源端子台を一体化した「ユニット型」などラインアップも充実しており、特に保守点検用マグネットタイプ「CLED―1004MG」は簡単に取り外せ、塗装面にもやさしいため、保守担当者の評価が高い。また、10Wタイプの標準品「CLED―1004」は165グラムと軽量設計で、取り付けも楽に行える。

同製品は蛍光灯に似せたフラットな面発光と、LED素子とレンズの最適化で眩しさを抑えることに成功、盤を開けた際も、作業している際も眩しさを感じない。もちろん基本性能も充実。十分なマージンのある素子とケースデザインにより低発熱なため、作業も安心して行える。入力電圧もAC100V~240Vまで対応のフリー電源のため、機種選定の工数削減はもちろん、在庫や部品表も標準化しやすい。RoHS指令にも対応。サイズも蛍光灯の10W相当品、20W相当品をそろえており、既存図面の流用もしやすい。小間番号は1―045。

公式サイト>>> http://www.shinohara-elec.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG