東京エレクトロンデバイス 名刺サイズモジュール「TB-7Z-IAE」 機器に組み込むだけで複数のフィールドバス規格に対応

SCC-Link、Profibus、EtherNet/IPなどの各種フィールドバスが普及するなか、産業機器メーカにとっては各規格への対応が大きな負担になっている。東京エレクトロンデバイスの小型モジュール「TB-7Z-IAE」は、機器に組み込むだけで複数のフィールドバスに対応し、しかも機器のインテリジェント化も可能になる。開発期間の短縮やコスト削減に効果的だ。

インダストリ4.0やIoTなどの追い風もあり、製造設備や検査装置など産業機器のネットワーク対応はいまや必須になっている。しかしフィールドバスは10種類以上あり、それぞれ基板設計も違ってくる。開発期間の長期化やコスト増の原因になっていた。

「TB-7Z-IAE」は、名刺サイズの基板上に、ザイリンクス社のプログラマブルSoC「ZYNQ7000 All Programmable SoC」と周辺デバイスを集積させた小型の組み込みモジュール。2chのGigabit Ethernetを搭載し、1台で複数のフィールドバス規格にソフトウェアを書き換えるだけで対応できるようになる。

「従来は規格ごとに基板デザインを変えなければならなかった。TB-7Z-IAEを使えば、基板デザインは共通のまま、中身のプログラムを書き換えるだけで複数の規格に対応でき、Zynq内の空いた領域で画像処理等も可能」(PLD事業部PLDソリューション部阿部一記氏)。

さらに、ZYNQ7000 All Programmable SoCは非常にハイスペックで、従来のSoCではできなかった複雑で大きなデータの処理が可能。機器のインテリジェント化を実現する。

東京エレクトロンデバイス_TB-7Z-IAE_Scale_s例えば「基板検査のような画像処理システムで、これまではカメラで取った映像をPCとFPGAを使って処理していたものが、カメラに組み込んだTB―7Z―IAEひとつで済むようになる」(阿部氏)と言う。ほかにもスレーブ機器単独でデータ処理することで、マスタ―スレーブ間のデータやりとりが少なくて済み、ネットワーク全体の安定稼働に役立つ。

同社は半導体商社として培った技術力を生かし、『inrevium』という自社ブランド製品を展開。TB-7Z-IAEもその一つ。

阿部氏は「今後はInreviumを伸ばしていきたい。これまで評価用ボードを多く出してきたが量産製品は初めてである。部品はすべて産業用グレードを使い、組み立ても国内のメイドインジャパン製で、信頼性はとても高い。カメラや半導体製造装置、スマートメータ、監視装置など画像処理系のアプリケーションにぜひ使って欲しい」と話している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG