日東工業 各種光接続箱発売 ユニット型小心数や中心数タイプ

【名古屋】日東工業は、小心数タイプ、中心数タイプ、機器スペース付きタイプ、高密度タイプなど各タイプの光接続箱の新製品を発売した。

ユニット型小心数タイプ「SPU―Sシリーズ」は、デスクサイドに取り付け可能な小型光接続箱で、心線ホルダの形状変更により、単心用補強熱スリーブとテープ心線用補強熱スリーブの取り付けが可能となった。融着トレーに光ファイバ余長を収納すれば、コネクタ接続タイプとして利用可能。

中心数タイプ「SPU―Lシリーズ」は、盤内取り付け用のユニットタイプ。融着接続部と余長収納部を立体的に配置し、キャビネットを小型化した。同社従来品と比べて、設置面積で約31%省スペース化、製品質量で約42%の軽量化を実現。

機器スペース付きタイプ「SPU―Mシリーズ」は、光接続部とメディアコンバータ取り付けスペースを積層構造とし、キャビネットを小型化、設置面積の省スペース化を図っている。メディアコンバータの取り付けは、マグネットで固定することで、作業性を向上。コンセント取り付けも行える。

壁掛け型スタンダードタイプ「SPJ―Sシリーズ」は、融着接続部と余長収納部を立体的に配置し、キャビネットを小型化、リール台の追加により、余長収納量がアップした。コードの集約は結束テープによる固定で、集約容量が増えている。

高密度タイプ「SPJ―Kシリーズ」は、コンパクトで、施工性、汎用性に優れている。ドアの厚みを薄くしながらも、強度を向上させている。コードの集約は結束テープによる固定で、集約容量がアップ。

小型機器用スペース、中型機器用スペース付きの「SPJ―Mシリーズ」は、光接続部とメディアコンバータ取り付けスペースと機器取り付けスペースを積層構造とし、キャビネットを小型化した。機器の取り付けは、マグネットによる固定で、作業性が向上。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG