篠原電機 LED式防犯灯「SAシリーズ」 用途に応じて7種の配光

2014年11月12日

篠原電機が2002年に、公共移動体用にカスタム白色LED照明を設計し、採用されたものが現在も稼働している。 業界初のLED式ダウンライトが07年に発売されたが、同社のカスタム白色LED照明がその5年前から高速列車用に採用されたことは、品質・信頼性に対する取り組みに間違いがなかったものと言える。 このほど、強靭な筐体に覆われたLED式防犯灯「SAシリーズ」を発売した。SAシリーズは、わずか2個のLEDデバイスから出る光をレンズと組み合わせることで用途に応じた7種の配光を選ぶことができる。 搭載しているLEDデバイスは、信頼性、品質、パテントにも十分考慮したものとなっており、長期間、メンテナンスフ…