日本の製造業における生産計画の実態 (9)

2014年11月12日

現状多くの日本企業では、経験豊富な技術者の手で生産計画が立案できている。ただし特定の企業を除くと、特定の技術者に依存した体制になっており、他の技術者では代替できない状態と言える。そのため、突発的な変更が起こった時には、どの程度計画を変更すればいいのか、実態を踏まえて計画を修正することが非常に困難である。 また、現在の市場環境では、「生産装置トラブルによる歩留まり悪化」「仕入先からの納品遅延による欠品」「短納期受注による特急対応の割り込み」「仕様変更によるロス発生」など、突発的な変更が起こる要因は枚挙に暇がない。これらを根絶して計画がずれないようにすることは難しい。よって変更が発生することを予期…