オムロン プログラマブルターミナル発売 Wi-Fi通信と高いグラフィック機能を内蔵

オムロンはマルチメディア表示や各種モバイル端末との情報共有が可能なプログラマブルターミナル「形NAシリーズ」を、4日から発売した。標準価格は25万5000円~。

新製品は、人と機械のインタフェースとしての役割を担うタッチパネル方式プログラマブル表示器。情報共有力の強化により、トラブルの早期解決と改善活動による生産性向上に貢献する。

生産現場では機械の稼働率を高め生産性を向上させるために、機械に搭載された各種FA機器の情報を関係者全員がタイムリーに共有し、様々な問題に迅速に対処することが求められている。

新製品は、機械の内部で稼働しているFA機器の情報を本体画面へ表示することに加え、EthernetやWi‐Fi経由でタブレットやパソコン上に表示し、機械を担当するオペレータだけでなく工場内外の関係者と瞬時に共有する仕組みを提供。

また、パソコンと同等レベルの高いグラフィック表現と、PDF等のドキュメント表示や動画ファイル再生機能により、現場で発生した問題に対し解決手段を分かりやすくオペレータに提示。的確なトラブルシューティングが可能となり、設備の停止時間の短縮に寄与する。内蔵プログラミング言語には、グローバルに普及しているVisualBasicを採用し、世界中のさまざまな場所で開発者の確保が容易になる。

さらに、従来機種よりもさらに高度なセキュリティ設定機能で、機械を不用意な停止から保護する。

画面サイズは7インチワイド~15・4インチワイドで、いずれも1677万色TFTカラー。枠色はシルバーと黒をラインアップしている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG