河村電器産業 HEMS内覧会を開催 関係者約1000人が来場

【名古屋】河村電器産業(愛知県瀬戸市暁町3―86、TEL0561―86―8111、水野一隆社長)は、日本を代表するHEMS(Home
Energy
Management
System)サービス企業と共同で、スマートハウスについて学んでもらう内覧会「カワムラHEMS大学」を10月23、24日の2日間、名古屋市中村区の名古屋ミッドランドスクエアで開いた。ハウスメーカー、マンションデベロッパー、設計事務所など住宅建設企業の関係者ら約1000人が参加した。

HEMSは、住まいのエネルギーを「見える化」し、電気設備や家電をコントロールするシステムで、快適な節電生活を過ごすために今後、必要不可欠なものになってきている。

今回の内覧会は、HEMSの仕組みについて、河村電器産業とHEMSサービス企業が説明し、どんなことができるかを提案、商談をコーディネートして市場を盛り立てようとしたもの。

住宅用分電盤の可能性や実務に役立つ情報も提供され、HEMSサービス企業はブースを使って製品などを展示した。

HEMSの通信プロトコルの標準規格「ECHONET
Lite」に接続出来る各種製品、太陽光発電用パワコン、高齢者の見守りシステム、スマートコミュニティ向けシステムなどが紹介され、来場者の関心を集めていた。

河村電器産業では、今後、東京、大阪、仙台などでも同様の内覧会を開催する予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG