IDEC 「佐用・IDEC申山太陽光発電所」が完成

IDECと兵庫県佐用町が建設を進めていた「佐用・IDEC申山(もうすやま)太陽光発電所」が10月に完成し、11月中旬から発電を開始。発電規模は5MW。年間発電量は533万kWhで、一般家庭の約1500世帯分に相当する。

事業主体はIDECと佐用町が各1・5億円ずつ出資し、共同で設立した「佐用・IDECメガソーラー有限責任事業組合」。国内初の木造架台を導入したメガソーラー施設として稼働する。

IDECは制御機器の開発、製造で培われた技術を基にメガソーラー事業をはじめ、環境・エネルギー分野にも注力。舩木会長兼社長の「20年~30年後には農業の活性化が外貨を稼ぐ」という理念と、佐用町の想いが一致し、共同での事業化に至った。

佐用町は兵庫県南西部に位置し、2009年8月の台風9号の豪雨による大水害の経験から、木材の活用による健全な山林育成の重要性に着目していた。今回のメガソーラー発電所は、国内初の国内産木材を活用した木造建築構造架台を導入。木材は全てヒノキを使用、防腐剤を使用しないことで、使用後の木材を100%再利用できる。

課題となるコストについても、木造建築の工法を応用し、組立工数と工期を削減することで、従来の金属を使用した架台と同等以下に抑えている。

同時に、兵庫県産木材のほか国内産木材を使用することで、地域産業への貢献も実現。耐久性についても、パネル接続部の金具を屋根に見立て、木材部分に直接風雨が当たりにくい構造にすることで20年以上の耐久性となっている。

総事業費15億400万円(予定)に対して、年間売電収入は2億2200万円を見込んでおり、収益性と地域貢献の両立が期待されている。

発電用パネルは印・モーザーベアー社製、パワーコンディショナーは仏・シュナイダーエレクトリック社製を採用。請負事業者はIDECシステムズ&コントロールズ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG