デジタル マルチ・データボックス追加発売 生産データを手軽に収集

2014年11月12日

デジタル(大阪市中央区北浜4―4―9、TEL06―6208―3133、安村義彦社長)は、生産現場の装置データを収集し、生産情報が有効活用できる「マルチ・データボックス」に、新たに入出力機能を省いた「I/Oなしモデル」を追加発売した。参考標準価格は4万5300円から。 従来、生産現場での異なる装置やオフィスとの間でデータを収集するには、大規模システムの導入が必要だった。マルチ・データボックスは、生産状況や装置の状態、アラーム情報などのデータを収集するゲートウェイ端末で、USBやイーサネットにより、オフィスのパソコンでデータを共有することができる。 今回、入出力にデジタルI/O、またはアナログI/…