アール電子 秋葉原活性化へ商社間連携

2014年10月29日

アール電子は、1981年設立で、今年で34年になる。東京・秋葉原の本社を中心に、名古屋、大阪、及び香港に営業所を設置している。

「人と人」「モノとモノ」をつなぐインターフェイスの役割担うために、扱い商品と扱いメーカーは多岐にわたる。コネクターやケーブルアクセサリーは、国内外の有力メーカー約50社を扱っているほか、電源・トランス、電線、端子台、スイッチ、EMC対策品、ラック・ケース、計測機器、機構部品、半導体など約100社に及ぶ。

また、秋葉原という電気街に本社を構えていることから、秋葉原の仲間商社と一体となった地域の活性化にも取り組んでおり、過去6回にわたって秋葉原でプライベートショーを開催している。

今年は秋葉原の商社28社と共同で「アキバエレショー」を企画し、11月7日にUDXで開催する。自社だけでなく、秋葉原で日頃から取引のある同業商社を大切にする連帯の気持ちを重視した経営を心がけている。

2002年から電子部品の総合通販サイト(http://www.akiba-rdc.com)として、別会社「RDC」を立ち上げ、約5万点の製品を取り扱っている。秋葉原で営業する商社の専用サイト的な活用もしてもらうことで、在庫を融通しあうことなども想定している。

「人間性を重視し、販売先と仕入れ先の両方の取引先からの信頼を確立して、ともに繁栄できることを目指す」と社是でうたい、秋葉原の仲間との絆を重視しながら、エレクトロニクス産業の発展とともに、秋葉原の発展につながる取り組みをこれからも継続していこうとしている。

公式Web : http://www.rdenshi.co.jp/