ワゴジャパン ワゴI/Oシステム「750シリーズ」 SDカードスロットも標準装備

2014年10月29日

ワゴジャパンのワゴⅠ/Oシステム750シリーズは、様々なネットワーク通信に対応可能なバスカプラ/バスコントローラと、様々なフィールド信号に対応可能なモジュールで構成され、非常にフレキシブル性が高い。

このほど販売開始したワゴⅠ/Oシステム750シリーズPFC200タイプは、CPUにCortexA8、600MHzを搭載し、高速処理を実現したプログラマブルリモートⅠ/O。

750―8202は、Ethernet通信機能に加え、RS232/485インターフェースを合わせ持ちSDカードスロットも標準装備。

シリアル通信デバイスをEthernet経由で利用するのに最適。従来品よりメモリー容量も大幅に拡張し、処理能力も格段に向上。750シリーズのI/Oモジュールを組み合わせればデジタル・アナログ入出力など各種機能も追加できる。

OSにはReal―timeLinux3・6を採用しており、様々な用途の制御システムにスピードとパワーを提供する。

サポートするフィールドバスとインターフェースの組み合わせで4機種を用意している。

公式Web : http://www.wago.co.jp