アズビル デジタル支持調節計「ニューSDCシリーズ」 パソコンローダポート標準装備

アズビルは、デジタル指示調節計「ニューSDCシリーズ」として、15、25/26、35/36、45/46をラインアップしている。

簡単操作、コンパクト、高機能をコンセプトにしており、しかもパソコンローダポートを標準で装備していることで、初期設定の煩わしさからも解放される。

このうち最上位機種の45A(DINサイズ48×96ミリ)/46A(同96ミリ角)シリーズは、入力サンプリング周期25msの高速性と、プラスマイナス0・1%Readingの高精度を実現。

また、入力部と出力部に演算機能を搭載した複合高機能モデルもそろっている。

各演算部で最大10個の演算機能(21種類)を設定でき、入力信号やPID出力の切り替え、平均値制御、オーバーライド制御などの高度な使い方が可能で、サンプリング周期も100ms(プラスマイナス0・1%Reading)を実現している。

さらに1台で最大3点までのアナログ入力と、発信器電源(DC24V)の実装による流量計測の温圧補正が行える。

また、リモートSP入力+カスケード制御を1台で実現できる。そのほか、バッテリー内蔵で、停電復旧時には停電前の制御出力(MV値)からPID演算を再開するホットスタート動作も可能。そのほか、IP65の防滴構造となっており屋外設置も安心。

http://www.compoclub.com

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る