ワゴジャパン プログラム可能型リモートI/O「XTR」シリーズ 低温下での使用範囲拡大

ワゴジャパンは、好評発売中のプログラム可能型リモートI/O750シリーズに使用温度範囲マイナス40℃~プラス70℃と幅広い環境下で使用可能な「XTR」シリーズを追加した。通常モデルの使用温度範囲はマイナス20℃~プラス60℃で、「XTR」シリーズは特に低温環境下での使用範囲を拡張している。

また、DIN EN60870―2―1規格インパルス耐電圧は5kV、DIN―2―6規格振動試験は5Gをクリアしており、通常モデルより耐環境性能に優れる。本体色はダークグレーを採用して差別化を図った。

Ethernet対応品は、インターネット経由での制御やデータ収集用途に柔軟な対応が可能で、さまざまな用途に利用できる。特に低温地域の屋外設置盤内での使用に好適で、太陽光・風力発電、変電所、各種プラント、水処理、テレメーターなどで温度変化の激しい場所に設置される設備への利用が期待できる。

また、船舶規格GLも取得しており、船舶や港湾設備にも使用可能。

公式Web : http://www.wago.co.jp

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る