ジック イメージコードリーダ「LECTOR 65x」 高い読み取り性能を発揮

ジックは、国際物流総合展に、物流機器向けのセンサーシリーズを、イントラロジスティック(IL)、トラフィックロジスティック(TL)、物流向けセーフティシステムの3つのジャンルに分けアピールする。

IL向けでは、イメージコードリーダ「LECTOR 65x」と「R/IR」の2つの新製品を出展する。

このうち、LECTOR 65xは、単体で1次元バーコードと、2次元シンボルを任意の方向から読み取ることができ、それらが不明瞭で読み取れない場合などの時に、インテリジェントなデコーディングアルゴリズムで高い読み取り性能を発揮できるのが大きな特徴。

本体構造もモジュール方式を採用しており、コンベア幅に合わせた複数デバイスを統合してシステムが構築できる。さらに、機能ボタン、自動セットアップ、内蔵照明照準レーザー、音声によるフィードバック信号などにより、導入の設置も簡単に行える。

そのほか、各種産業用ネットワークにも簡単に対応可能、撮像能力は2または4メガヘルツ、処理能力は40フレームレートで最大4メートル/秒のコンベア上の物体を識別可能―などの特徴を持つ。

公式Web :

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG