ベッコフオートメーション 組込み型コンピュータ「CX2000シリーズ」 増設可能なモジュール式

ベッコフオートメーションは、産業用ネットワーク「EtherCAT」を開発元として、急速な飛躍を見せている。IPC(産業用パソコン)は業界トップクラスの品ぞろえを誇る。現在CPUだけで32品種を誇り、マイナス25℃~プラス60℃という幅広い使用周囲温度範囲に加え、IP65の保護構造などが大きな特徴。

制御盤型産業用PCC69シリーズはファンレスタイプで、3・5インチマザーボードが付いている。

一方、インテルのマルチコア・プロセッサⅰ7搭載のモジュール式組み込み型コンピュータCX2000シリーズは、DINレール取り付けが可能。また、拡張モジュールを接続するインターフェイスに、高速シリアル・インターフェイス「PCI
Express」を採用し、両側面に拡張モジュールを連結できる。

さらに、windows
OS搭載のPCをリアルタイム・コントローラとして使用できるソフトウェア「TwinCAT3」は、IEC61131―3に準拠し、PLC向けをはじめ幅広いプログラム言語に対応可能。

そのほか、ワイド画面で、7~24インチまでそろったマルチタッチパネルコンピュータも好評。
(http://www.beckhoff.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG