再生可能エネ発電設備導入量 400万kWを突破

配・分電盤、パワーコンディショナなどの市場である再生可能エネルギー発電設備の導入が順調に推移しており、固定価格買い取り制度導入後、7月末に累計400万TELを突破した。

太陽光発電設備が約9割を占める。

固定価格買い取り制度後(昨年7月以降)の発電設備の導入累計量は次の通り。

▽住宅用太陽光発電=152・1万TEL

▽非住宅用太陽光発電=239・5万TEL

▽風力発電=6・6万TEL

▽中小水力発電=0・3万TEL

▽バイオマス発電(除く石炭混焼発電)=10・1万TEL

▽地熱発電=0・1万TEL。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る