Check !!

太陽光発電関連の新製品キムラ電機が貫通形端子台、高電圧ヒューズ台を発売

キムラ電機(東京都品川区西五反田7―9―5、TEL03―3492―8511、藤岡康太郎社長)は、PV(太陽光発電)システム関連の新製品として、貫通形端子台「TS―1813/1814形」と、高電圧ヒューズ台「F―05H/06H形」の販売を開始した。
上段、下段が貫通した貫通形端子台は、パワーコンディショナーなど使用周囲温度TEL40℃~TEL90℃に対応しており、絶縁台及び端末に不飽和ポリエステルUL94V―0、端子カバーにポリカーボネート樹脂(透明)のUL94V―0の材料をそれぞれ採用して、高い信頼性を確保している。

端子間ピッチは、13ミリと21ミリで、極数は2~12P。定格絶縁電圧/電流は600V50Aと100A。

高電圧ヒューズ台は、PV関連機器の保護に最適で、定格絶縁電圧はDC450V、DC650V、DC1000V、定格通電電流は10Aと30Aに対応できることから、計測器、操作盤、配電盤などの回路保護用として使用できる。使用周囲温度TEL40℃~TEL80℃。

取り付けは、単体とDINレールの両方が可能で、ヒューズ管の抜き差し用キャリアも完備している。

ヒューズはD52形、MF67NM形、HD2形に対応し、RoHS指令対応品で、鉛フリーとなっている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG