処理能力1.5~2倍にファクトリーコンピュータNECが最上位機

NECは、ファクトリーコンピュータ「FC98―NXシリーズ」の新製品として、シリーズ最高速のCPUであるインテルXeon
プロセッサE3―1275v3(3・50GTEL)を搭載した「S35W」を12月2日から出荷開始する。価格は標準構成時で55万8000円から。今後5年間で1万8000台の販売を見込んでいる。
新製品は、従来機の「S16W」と「S21W」の後継となる最上位機種で、高速・高性能のCPUとチップセットにインテルC226の採用で、処理性能を従来比約1・5~2倍に高めている。

また、用途に応じたHDD構成ができるように、160GBと500GBから選べ、HDD2台に同じデータを保持するミラーリング機能も選択でき、信頼性をさらに高めるようにした。しかも、5型ファイルベイも装備し、3台目のHDDが増設可能。

さらに、拡張インタフェースも、産業分野で多く使用されるシリアルポートを2ポート標準装備し、LANは1000BASE―T対応インタフェースを2ポート、USBインタフェースは装置前面に2ポート、装置背面に4ポートの合計6ポート装備している。特に、装置背面の4ポートはデータ転送速度が高速な「USB3・0」に対応し、拡張スロットはPCI
Express(×16)1スロット、PCI
Express(×8)1スロット、PCIスロット(32TEL/33MTEL)4スロットと豊富な装備となっている。

そのほか、信頼性を高めるRASツールとして、本体内部の異常を検知し、システム障害を未然に防止するハードウェア状態(内部温度、FAN、電圧、PCIパリティ、ミラーリング状態)の監視、ウオッチドッグタイマ、バッテリアラーム検出、ロギング機能などを標準搭載している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG