鳥居電業高レベルのシステム提案力

鳥居電業は、1925年創業と今年で88年目を迎えた、長い社歴を誇るFA制御機器商社の草分け的な存在である。

国内の営業拠点は、東京・秋葉原の本社を中心に、千葉、埼玉、神奈川、茨城などの関東圏のほか、福岡に営業所、岩手と長野にサテライトオフィスを設置し、また中国にも、上海に現地法人「拓麗自動化商貿」を2006年に設立して、日系企業を中心としたサポートを行いながら、国内とリンケージした取り組みで大きな効果を生み出している。

FA商社として「制御とメカの融合」と「スピード化」に力点を置いて、顧客へのソリューション活動を展開している同社の強みは、システムサポート力が充実していることである。その根底には、商社の基本は「人」であるという方針がある。従って、社員の教育には継続して注力しており、社員一人一人が1年間の「チャレンジ目標」を掲げて、自己のスキルアップに取り組んでいる。その一例として、社内に4人のSE技術者や、空圧機器の国家検定有資格者でCKDの資格試験合格者が12人もいる。

顧客との打ち合わせや調整を1人で直接行えるレベルの高い対応力は、顧客との信頼関係を構築し、同社の技術力アピールにつながっている。

同社は、医療器や医薬品向けの販売で従来から強みを持っているが、今後もこの分野向けの販売を強化する一方、このほど扱いを開始したハネウェル社のセンサーやコントロール機器の拡販にも取り組むことで、商品と顧客の幅を広げていく。

今後も、顧客満足につながる商品と販売施策を進めていく。
(http://www.tois.co.
jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG